ハナミズキロゴ1.jpeg

〈不正咬合〉

  1. 遺伝

子が親に似るのが遺伝です。あごや歯の形は遺伝しやすいので顔も似てきます。例えば親が著しい受け口ですと、子供も同じく受け口になる可能性があるわけです。

でも心配は要りません。その症状がはっきり現れるのは第二次成長期を迎える歳以降のことですから、それ以前から対策を講じておけば不正は最小限に抑えることができます。早めに矯正歯科医にご相談ください。

 

  1. 病気

 「鼻づまり」や「扁桃腺肥大(へんとうせんひだい)」は口で呼吸するので歯列の横

幅が狭くなり、上の前歯が押し出されて上顎前突(じょうがくぜんとつ)になります。

顎骨の中にできた腫瘍や、のう胞によって歯が著しく移動することもあります。

 

乳幼児の指しゃぶりは正常な行動とされていますが、乳歯が生えそろってから永久歯が生えるまで長期にわたって指しゃぶりが続くと開咬(かいこう)という不正咬合になったり、時には上顎前突になったりします。

その他いつも唇をかんでいたり、タオルをかむなど口にまつわる、いろいろな癖があります。

 

  1. 乳歯の虫歯

虫歯を放置すると痛みばかりでなく、咬み合わせもズレてきます。時にはあとから生える永久歯の形成不全や位置異常を招きます。

 

  1. 乳歯の早期喪失

永久歯は前へ前へと動く習性があります。例えば6歳頃に生える第一大臼歯は前方の乳臼歯が崩壊したり脱落すると直ちに前方へ移動してしまうので、そこに生える永久歯の場所がなくなります。結果として凹凸の歯並びができるのです。八重歯はその代表例です。

 

  1. 歯の交代のトラブル

乳歯から永久歯に交代するいわゆる混合歯列期は6歳頃から12歳頃までの数年間です。その間永久歯の生える順序が乱れると歯列の咬み合わせの形成が妨げられ、不正咬合になります。以下のような歯の交換の問題がみられたら、小児歯科医や矯正歯科医にご相談ください。

 

HP画像2.jpeg